SIMカードというのはどのようなものなのでしょうか?

SIMカードというのはどのようなものなのでしょうか?

SIMカードというのはどのようなものなのでしょうか?



SIMカードというのはどのようなものなのでしょうか?

SIMカードというのは、簡単に言うと、携帯電話における電話番号のようなものです。 SIMカードそのものが電話番号であるため、当然のことながら携帯電話はSIMカードが無いと利用することはできません。 携帯電話機というのは単純な端末機器なのです。

そのため、この端末機器に「SIMカード」という電話番号の付いたものを挿入しないと機能を電話機として果たすことは不可能なのです。 この端末機器とSIMカードという二つのものを組み合せることで、「携帯電話」として初めて利用することが可能になってくるのです。

近年においては、「データ通信専用」の無線LANの親機のWifiルーターでも利用することが可能なSIMカードも出てきています。 現在、このようなSIMカードにおいてはサイズが3種類あります。

SIMカードを買う場合には、使用する携帯端末に適したサイズをチェックして買うようにしましょう。 1社以外のSIMカードのサイズは、ちょっと前までは「通常サイズ」でした。

しかしながら、最近はそれぞれの会社とも携帯端末で「Microサイズ」のSIMカードを使用しているところも相当多くなってきています。 現在のところ、「Nanoサイズ」のSIMカードは、ほとんど稀にしか使用されていません。

SIMカードを使用する場合には、周波数を使用する携帯端末のものと使用するSIMカードのものをチェックしてみましょう。

携帯電話はSIMフリーのものを使用しているということでも、SIMカードが使用している周波数が合っていないと使用することができません。 そのため、事前にチェックしておきましょう。

「SIMカードを買って通信費用を下げたいが、設定する方法などが心配」というような場合は使用する端末機器を持参すると、設定を無料で行ってくれるようなお店もあります。

また、ネットで買う場合も、買う時に「携帯端末を送付するので設定して送り返してほしい」等を希望するとお店で設定を無料で行ってくれるそうです。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME simフリーのスマホ simフリーとタブレット SIMロック解除との違い SIMカードとは? カードの簡単な選び方