simフリーとタブレットの活用法

simフリーとタブレットの活用法

simフリーとタブレットの活用法



現在利用者も多くなったタブレットは、画面の大きさや持ち運びやすさ、手軽さを兼ね備えており、携帯電話としての機能をもったスマホと比べてもメリットは多く、活用できれば様々なシーンで役立ってくれるツールです。

しかし外出先で使おうとした場合、スマホなどと同じく通信契約を通信会社と結ぶことで提供される回線を使用することができるわけですが、大手の通信会社の契約などを見てみると、その料金はとても安いとはいえません。毎日のように外出先で使うような人でない限り、料金が割高に感じてしまう人も多いでしょう。

無料のWi-Fiを利用するという手もありますが、現在は利用できる地域などが限られてしまったり、エリアの拡大は続いていますが日常の使用となると大変です。

ビジネスなどで毎日多くの時間、大量の通信量を使うような使い方ではなく、たまに行く旅行などで「ちょっとだけ」タブレットを使いたいという希望を持つ人の強い味方になってくれるのが「simフリー」です。

「sim」とは「Subscriber Identity Module」の略であり、固有のID番号などが記録されているもので、「simカード」と呼ばれるICカードが携帯電話やスマホ、3GサービスやLTEを利用するタブレットなどに装着されていて、スマホやタブレットがsimカードから識別情報を認識することで通信や電話を使用可能になるというシステムです。

つまり「simカード」を入れ替えればどんな携帯電話やスマホ、タブレットも使えるということなんですが、「simフリー」の通信機器でなければいけません。 様々な事情で「simロック」という特定のsimカードしか使えない機能を組み込んだ通信機器もあるため、注意が必要です。

「simフリー」のタブレットなら、現在は低価格でsimカードのみを提供するというサービスが展開されており、これを活用すれば「ちょっとだけ」の利用ができます。

大手通信会社の一律で、通信速度や通信量の上限はないが料金が高いといったものとは真逆で、通信量が決まっていたり、最大通信速度に制限があったりと様々な制約はあるものの、低価格、低料金を実現しているものがあり、種類も月額制のものから、プリペイド型の使いきりタイプもあるので、いきなり月額制で始めなくても、まずはr試しにプリペイド型を利用してみることも可能です。

もしくはプリペイド型を上手に活用して外出先で「ちょっとだけ」使うということも可能ですから、タブレットの活用法が無限に広がりますし、しかも利用する際のコストを下げることもできます。

年末年始やお盆の帰省の時だけ外で使いたいとか、子どもや家族の誰かが少しだけ外出して使いたい場合など、痒いところに手が届く形で提供してくれるサービスが「低料金simカード」であり、それを活用できるのが「simフリー」端末です。

ホーム RSS購読 サイトマップ
HOME simフリーのスマホ simフリーとタブレット SIMロック解除との違い SIMカードとは? カードの簡単な選び方